虫歯予防は歯医者で!自分では気づかない歯の汚れ

虫歯予防は歯医者で!自分では気づかない歯の汚れ

ウーマン

糖分を含む飲食物に気をつけろ

糖は虫歯菌の栄養分です。虫歯菌が糖を分解する際に出る酸が歯を溶かすことで虫歯になってしまいます。なので糖を多く含む食べ物をこまめに食べていたり、ジュースやスポーツ飲料などの糖を含む物を飲み続けてしまうと口の中で虫歯菌が常に歯に有害な酸を出してしまうため注意が必要です。虫歯にならないためにも間食を控えたり、糖を含む食べ物を食べる回数を減らすことが大事です。

女の子

普段やっている歯のケアをしっかりやろう

虫歯にならないために自分でできる対策は歯磨きです。ただしただ磨くだけでは効果はほとんどありません。しっかりと歯の隅々まで磨かないと残った汚れが菌を繁殖させて虫歯を作り出します。またフッ化物が含まれた歯磨き粉を利用することで虫歯菌が出す酸から歯を守る効果が生まれます。虫歯にならないためにもこういった自分でのケアがとても大切です。

口

自分で落とせない汚れは歯医者にいこう

歯磨きで磨き残しをなくすのはとても難しいです。そこで普段の虫歯予防を補ってくれるのが歯科医による口内ケアです。専門的な知識や技術で歯磨きで落とすことのできない汚れなども落とすことができます。京都にお住まいの方で虫歯の予防をしたい方には歯医者で相談してみるのも良いです。

虫歯になりやすい食べ物ランキング

歯型
no.1

アメ

虫歯菌が大好きな糖分を多く含むものが多く、口の中に長い時間あり、とても菌の繁殖を促すので一番怖い食べ物です。

no.2

チョコレート

糖分をたっぷり含み、口の中から溶けてなくなるまで多少時間がかかるので虫歯菌が繁殖します。また歯にくっついたりもするため注意が必要です。

no.3

クッキーやウエハース

噛んだ際に歯にくっついたり、かけらが歯の隙間などに残ったりします。糖分も多少含んでいるため食べ過ぎると虫歯になる恐れがあります。

広告募集中